メルカリでsuicaを売るは違反で出品禁止に?なぜ出品するの?

    [記事公開日]2017/04/26
            

   

 

このブログをご覧いただきありがとうございます!

blog運営者のウタです(*^_^*)

 

メルカリでの現金出品が

話題になっていますね!

 

スマホでフリーマーケットのように

物品が売買できるアプリ「メルカリ」などに

現金が出品されていた問題で、

メルカリなどは現金の出品を禁止しました。

 

しかし今度は現金をチャージしたSuicaなどの

「交通系ICカード」の出品が相次いでいるようです。

 

今回はSuicaが出品されている理由や

違反になるのかなどを調査してみました!

 

 

メルカリでスイカを売るは違反で出品禁止に?なぜ出品するの?①出品理由は?

 

「出品 https://twitter.com/koharu9191?lang=ja」

 

メルカリで現金やsuicaなどを

出品している人がいる理由について

調べてみました。

 

まず現金やsuicaは出品された金額よりも

購入金額の方が高く設定されていました。

 

例えばスイカに5,000円分チャージされていたら

5,500円くらいでメルカリに出品されているみたいに。

 

「こんなの買う人なんかいるのか?」

ウタは最初思っていましたが

実はある層の方からはかなりの需要が!

 

そのある層とは

「お金に困っている人」なんです!

 

メルカリで現金やスイカなどの

「交通系ICカード」を購入される人は

お金に困っておりクレジットカードの

先延ばしを利用して現金を得ようとしているのです!

 

あまり現金に困ったことがない方は

理解できないかもしれませんね。

 

簡単に説明すると

クレジットカードで現金5万円分を

5万5千円でクレジットカードで購入。

 

クレジットカードで購入したので

5万5千円は購入日の2ヵ月後くらいに

引き落としされることになります。

 

現金5万円は購入してからすぐに

出品者から届くのですぐに現金の使用が可能に。

お金に困っている人は魔法を使ったみたいに

現金をすぐに利用できるように(笑)

 

要するにメルカリで現金やsuicaを購入する人は

現金を全く持っておらず、生活に困っている人が

クレジットカードを利用して現金をつくりだそうとしているんです。

 

メルカリの決済であると落札になるので

街中で現金化するよりも

クレジットカードの履歴が傷つきにくいので

メルカリでの購入が多くなっていたようです。

 

 

メルカリでスイカを売るは違反で出品禁止に?なぜ出品するの?➁suicaの出品も違反?

現金の出品はメルカリで

2017年4月22日から禁止になりました。

 

金融庁が「現金をオークションなどに出品して

取り引きすることは、出品者が貸金業に、

ネットオークションの事業者は

貸金業の媒介にあたるおそれがある」

また「貸金業の登録を取らずに営業を行った場合は

刑事罰の対象になる」と指摘したことにより

メルカリは刑事罰を逃れる為に禁止にしたようです。

 

しかしその後に急増したのがsuicaなどの

「交通系ICカード」の出品です。

 

Suicaに入金されたポイントは、

みどりの窓口で現金での払い戻しが可能であり

手数料220円を払い戻し額から差し引いた

金額を現金として手に入れることが出来ます。

 

なので現金に代わって出品が増えたようですね。

なんだだかいたちごっこみたいです(;’∀’)

 

すでにメルカリでは

チャージ済の交通系ICカードの順次削除しており、

正式にsuicaの出品も禁止になりそうです。

 

ただ今後もsuicaを禁止にしたとしても

現金化可能なものは出品される可能性が高いので

一斉に禁止にした方が良いかもしれません。

 

ただお金に困っている方が

現状ではかなり多く

現金化の需要は大きいようなので

次から次へと新しい手法が

でてきそうな気はしますね(;´・ω・)

 

では今回はこの辺で(/・ω・)/

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 - 政治・経済, 速報