大関秀太郎(作新学院)はドラフト候補?父親や彼女は?小学校や中学は?

   

 

このブログをご覧いただきありがとうございます!

blog運営者のウタです(*^_^*)

 

2018年8月8日から

第99回全国高校野球選手権大会が開幕されますね!

台風の影響で1日遅れの開幕となりましたね~

 

今回は8月9日の大会2日目第1試合で

岩手県代表の盛岡付属高校と対戦する

栃木県代表の作新学院の

選手に注目してみました!

 

ウタが注目注目した選手は

大関 秀太郎(おおぜき しゅうたろう)選手!

 

大関秀太郎選手は変化球を巧みに

操る技巧派で完投できるスタミナも

兼ね備えているとか♬

 

プロのスカウトも注目していると

言われている逸材のようですね!

 

 

大関秀太郎(作新学院)はドラフト候補?父親や彼女は?小学校や中学は?①プロフィール

「出典 https://twitter.com/Ruka1118Ruka?lang=ja」

 

名前    大関 秀太郎(おおぜき しゅうたろう)

生年月日  1999年4月6日

年齢    18歳

出身地   栃木県

身長    172cm

体重    70kg

シニア   上三川ボーイズ(硬式野球)

中学    宇都宮市立陽南中学校

高校    作新学院高等学校

ポジション 投手

投打    左投左打

 

大関秀太郎選手は作新学院の

エースナンバーを背負う投手です。

 

大関秀太郎選手が小学校はどこで

プレーしていたのか気になる方が多いようですが

詳細な情報はありませんでした(;´・ω・)

 

ただ大関秀太郎選手は小学生の頃は

「アンパンマン」と呼ばれていて

小学6年時は身長150センチ、

体重60キロという体型だったみたいです(笑)

 

中学は宇都宮市立陽南中学校出身ですが

軟式野球はしておらず大関秀太郎選手は

上三川ボーイズという

硬式野球チームでプレーされていました。

 

大関秀太郎投手はドラフト候補であり

指名されるという話もありますが

現時点ではまだはっきりとしていません。

 

しかし、大関秀太郎投手は

今回の夏の大会の活躍次第では

上位候補となる可能性もある

スカウト注目の投手ですね♬

 

伸びのあるストレートと

多彩な変化球を操れる大関秀太郎選手は、

昨年の関東大会などでも好投を見せています♬

 

 

大関秀太郎(作新学院)はドラフト候補?父親や彼女は?小学校や中学は?②父親や彼女は?

大関秀太郎選手は注目選手だけあって、

やはり家族のことも気になりますよね~

 

大関秀太郎さんの父親については

結構インターネット上でも

検索されているようです(笑)

 

大関秀太郎選手はランナーが出塁を

許している時でも動じないという

強いメンタルを持っている選手なので、

きっとお父さんなどもスポーツ選手などを

されているでと思ったりしまいますね~

 

しかし、大関秀太郎選手の

お父さんについては一般人のようで

情報はほとんど出てないようです。

 

大関秀太郎選手のような注目選手は、

両親が元アスリートだったりすることも多いので、

大関秀太郎選手の父親もそうではないかと思いましたが、

そのような情報はないようです。

 

ただ、こんなに素晴らしい高校野球選手に育ってきた

大関秀太郎選手さんは、両親から様々な素晴らしい才能を

授かったのかもしれませんね!

 

また、大関秀太郎選手には彼女がいるのかと

いうことについて気になる人も

いるのではないでしょうか?

 

強豪作新学院のエースを努めている

大関秀太郎選手に

現在彼女がいるというような

情報は何もないようです

 

強豪チームのエースを務めていると

練習なども忙しくて、なかなか彼女を作ったり

一緒にいたりする時間はなさそうですよね(;”∀”)

 

そんなわけで大関秀太郎選手は現在、

フリーの可能性が高いようです

夏の甲子園大会後に彼女が出来る

パターンも十分にありそうですけどね♬

 

 

大関秀太郎(作新学院)はドラフト候補?父親や彼女は?小学校や中学は?③球速や変化球について

大関秀太郎選手の球速や変化球に

ついて調査してみました!

 

大関秀太郎選手のストレートは

最速140キロのようです!

 

また大関秀太郎選手の持ち球は

ツーシーム、チェンジアップ、カーブ、スライダーなど

多彩な変化球を持ち球としているようです♬

 

それに加えて大関秀太郎選手は球持ちが良く、

出何処が分かりにくい独特な投球フォーム

コントロールもいいみたいですね~

 

たとえ仲間がエラーしても平常心を崩さず

安定感のあるピッチングができるようで、

マウンドで度胸もある選手としても注目されています。

 

2016年、大関秀太郎選手が2年生の時の行われた

秋季関東大会では準々決勝から3試合連続完投で、

38年ぶり5度目の優勝を飾って

明治神宮大会への出場権を手にしています。

 

中央学院高校戦では7回1失点の好投

そして、続く準決勝では9回を2安打6奪三振

完封勝利を飾っています。

 

そして決勝大会の東海大市原望洋高校との

試合では9回を一人で投げ、5安打1失点という好投

チームの優勝を導きました

 

25回を投げた大関秀太郎投手の成績は、

被安打が16、四四球が10、自責点が2という

素晴らしい成績でした!

 

「出典 https://www.youtube.com/channel/UCweJMFj-XMOBeqEMSwpq8Nw」

 

これから夏の大会が予定されていますが、

大会でも素晴らしいピッチングを見たいですよね!

今が一番暑い時ですが暑さなどにも気をつけて、

元気にプレーしてもらいたいですね(^^♪

 

では今回はこのへんで(/・ω・)/

最後までご覧頂き本当にありがとうございました!

 

 - スポーツ