AutoDraw(オートドロー)の使い方やダウンロードやシェアの方法は?

   

 

このブログをご覧いただきありがとうございます!

blog運営者のウタです(*^_^*)

 

2017年4月11日

グーグルがお絵かきツール

「AutoDraw(オートドロー)」

発表し話題になっているようです!

 

グーグルが発表したAutoDraw(オートドロー)は

これまでのような単にマウスで絵を描くツールではなく、

自分の描いた絵から本当に描きたかったものを

AI(人工知能)が類推し、

「あなたの描きたかったものってこれ?」

提案してくれるツールです。

 

今回は新しいお絵かきツールである

AutoDraw(オートドロー)について調べてみました!

 

 

AutoDraw(オートドロー)の使い方やダウンロードやシェアの方法は?①概要

 

グーグルが発表したお絵かきツール

「AutoDraw(オートドロー)」

本当に描きたかったものをAI(人工知能)が類推し

書きたかったものを提案してくれるwebアプリです!

 

アプリということでiPhoneやandroidなどで

ダウンロードしないと利用できないと

勘違いされる方もいるようですが

アプリをダウンロードする必要はありません

 

パソコン、タブレット、スマホでも

こちらのURLから使うことが出来ます(*^_^*)

https://www.autodraw.com/

 

「出典 https://twitter.com/Google」

 

AutoDrawを利用すれば、

どんなに絵心のないイラストであっても

プロが描いたようなイラストに!

本当に魔法みたいですよねΣ(・□・;)

 

さっそくウタも利用してみした!

ちなみにウタはかなり絵心がないです(笑)

 

 

こんな何を書いたのか

分からないイラストが…

 

一瞬で「剣」になりました(*^_^*)

これは上手く使えれば

かなり使えるツールだと思いますね!

 

 

AutoDraw(オートドロー)の使い方やダウンロードやシェアの方法は?➁使い方について

オートドローはいろいろな機能があったので

その使い方について調べてみました!

 

 

オートドローのコマンドは

6つありこれを駆使することで

使い方の幅が大きく広がります!

 

①AutoDraw

このコマンドを選択してイラストを描くと

人工知能であるAIが書きたかったイラストを

判断してくれて画像の上の灰色の部分に

イラストの候補が表示されます。

 

➁Draw

このコマンドは普通のお絵かき用の

コマンドです。

この状態で書いてもイラストの

候補は表示されません

 

③Type

このコマンドを選択すると

画面上に文字を打つことが可能になります。

 

 

④Fill

このコマンドを選択して

画面を押すと背景が

選択していた色に塗りつぶされます

 

⑤Shape

このコマンドを選択すると

〇、△、□の形をイラスト上に

挿入することができます

このシェイプを使うことで

かなりイラストの幅が広がるはずです!

 

 

⑥Select

このコマンドを選択すると

描いた絵の一部分を移動させたり

消去させたりすることが可能になります。

 

 

 

その他にも青色の〇のところを

クリックすればカラーの変更ができます

現時点で使用できるカラーは8種類です!

 

 

また描いたイラストはDownloadを

選択すれば保存することが可能です!

 

更にShareを選択すれば

Twitter、Facebook、グーグルプラスで

自分の書いたイラストを

簡単に共有することもできます(*^_^*)

 

更にオートドローは

ショートカットキーも使えるようです。

図形を選択しながらaltを押しながら

移動させるとコピーだったり

Control+Zで一つ前に戻るなど便利です。

便利なショートカットキーが利用できます!

 

 

是非、皆さんも

オートドローでイラストを

描いてみてくださいね♬

 

では今回はこの辺で(/・ω・)/

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 - 新商品