アマゾンフレッシュの仕組み、注文方法、配送エリアや年会費は?

    [記事公開日]2017/04/23
            

   

 

このブログをご覧いただきありがとうございます!

blog運営者のウタです(*^_^*)

 

2017年4月21日から

Amazonが日本で新たなサービスである

「Amazonフレッシュ」を始めました。

 

生鮮食料品や日用品、雑貨等を

最短4時間後に受け取れるサービスなんだとか!

 

今回は「アマゾンフレッシュ」について

気になることを調べてみました(*^_^*)

 

 

アマゾンフレッシュの仕組み、注文方法、配送エリアや年会費は?①仕組みと注文方法について

 

配送システムの仕組み

アマゾンフレッシュでの

配送システムの仕組みについて調べてみました。

 

「Amazonフレッシュ」で扱う商材は

三温度帯(常温、冷蔵、冷蔵)の専用設備を設けた

神奈川県川崎市の物流拠点である

「アマゾン川崎FC(フルフィルメントセンター)」

一括して集約・管理されています。

専用棚を設け、鮮度を徹底管理するんだとか!

 

商品のお届け方法は購入から1時間以内に商品が届く

「Amazon Prime Now(プライムナウ)」

配送ネットワークを活用し、

商品を購入者の手元に届けるということです。

 

商品は、グリーンの専用ボックスに紙袋を入れて届ける仕組みです。

紙袋は常温、冷蔵、冷凍の3種類があり、

取っ手の色で判別します(黒が常温、緑が冷凍、白が冷蔵)

「出典 https://netshop.impress.co.jp/node/4247」

紙袋の色で判断するって

けっこう慣れるまでは

分かりづらそうな気がウタはしました(^_^;)

 

冷凍保管のものを

そのまま常温保管とかしてしまいそうです(笑)

 

アマゾンフレッシュでの購入者には、

出荷した段階で1度、出荷確認メール、

アプリであればプッシュ通知を配信します。

 

そして配送スタッフが前の配送業務を終え、

購入者の自宅へ向かう際に再度、

メールもしくはアプリでのプッシュ通知を行い

配送時の不在を防ぐ方針とのこと。

 

このような通知を行うには理由があって

現状では置き配や再配達は行わず

購入者へ実際に手渡しのみでの配送をするようです。

 

手渡しできなかった商品

配達員が持ち帰り

注文はキャンセル扱いになるみたいです。

 

配達員の負荷を増やさないように

必ず自宅にいる時間に

アマゾンフレッシュを利用するようにしましょう(*^_^*)

 

 

アマゾンフレッシュの注文方法

次にアマゾンフレッシュの

注文方法について調べてみました。

 

アマゾンフレッシュはPCサイト、

モバイルサイト、スマホアプリどれからでも

注文できるようです!

 

ただし通常に注文方法とは異なる点があります。

それは「先に商品を選ぶのではなく

先にお届け日を指定する」ということです。

 

お届け時間帯は

午前8時から深夜0時までの間

2時間ごとのお届け時間帯(合計8枠)から

指定が可能とのことです。

 

先にお届け日を指定することで

そのお届け日の中で届けることが出来る

商品を絞るような仕組みのようです。

 

お届け日を指定した後に

ワード検索やカテゴリ、産地、ショップで

欲しい商品を絞り込み選択することで

アマゾンフレッシュで注文が完了します!

 

 

アマゾンフレッシュの仕組み、配送エリアや年会費は?再配達は対応?➁取扱商品や配送エリアついて

取扱商品

アマゾンフレッシュが取り扱っている商品は

野菜、果物、鮮魚、精肉といった

1万7000点以上の新鮮な食料品の他、

キッチン用品、健康・美容用品、ベビー用品等の

日用品・雑貨を含めて合計で10万点以上の商品が

購入可能のようです!

 

一般的な食材や日用品だけでなく

専門店の食材・食品も取り扱っているとのこと。

また届いた商品の新鮮さに満足できなかった場合は

カスタマーサービスに電話すると返金される

「鮮度保証」注文商品が在庫切れの場合に

代替品を無料で届けることも実施するみたいです。

 

かなりアマゾンフレッシュを利用する

リスクというのは軽減されていると

ウタは感じました☆

 

 

配達エリア

現在、アマゾンフレッシュを利用できる

地域について調べてみました!

 

利用できる配送エリアは

東京都の港区、千代田区、中央区、

江東区、墨田区、江戸川区6地域

(一部エリアを除く)のようです。

 

まだアマゾンフレッシュは日本では

試験段階のようなので配送エリアは

東京都の一部のようです。

 

しかし今後順次拡大していく予定とのこと。

東京都でのサービスが上手くいくかがカギですね!

 

 

アマゾンフレッシュの仕組み、配送エリアや年会費は?再配達は対応?③年会費や配送料について

アマゾンフレッシュは

注文した料金によって配送料が発生する仕組みです。

 

注文金額の合計額が

6,000円以上(税込み)の場合は

配送料は無料です。

 

しかし6,000円未満(税込み)の場合は

一回の注文で500円(税込み)が発生します。

 

またアマゾンフレッシュを利用する為の

フレッシュ月会費は、月額500円(税込み)です。

 

ただしアマゾンフレッシュは

Amazonプライム会員でないと利用できないので

Amazonプライム会員の年会費3,900円(税込み)

(月額だと325円(税込み))がかかります。

 

従ってアマゾンフレッシュの

月額費は825円となります!

 

月額825円で新鮮な商品が

自宅にすぐに届くのなら

利用の検討余地は十分にあるとウタは思いました。

 

家から出たくない引きこもり族の人に

かなり便利なサービスになんじゃないかと思います(笑)

早く東京都の一部エリアからサービス拡大してほしいですね!

 

では今回はこの辺で(/・ω・)/

最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

 - 新商品